東京早稲田鶴巻町の奏す庵(そうすあん)「ワセカツ」

大正2年、早稲田鶴巻町にあった洋食屋さんが、日本で初めてのカツ丼を料理界に発表しました。
それは、ドイツ修行から持ち帰ったシュニッツェル(カツレツ)をウスターソースに付け丼に仕立てたものです。
「ワセカツ!」はそのカツ丼のカツをオマージュしたもので、「薄いトンカツ」「早く仕上 がる」「ソースに浸す」という特徴をもったカツです。
早稲田生まれの、早く仕上がるカツとして、「ワセカツ!」と命名いたしました。

その洋食屋さんは、大正12年の関東大震災をきっかけに、故郷である福井市に移転します。結果、福井県内では、ソースカツ丼こそが、カツ丼と呼ばれています。
早稲田生まれ、福井育ちの「ワセカツ!」をどうぞお試しください。
丼に盛ったご飯と、揚げ立てのカツの上にはオリジナルの甘辛いソース。
蓋で蒸らして、盆に載せて、出来立てをお席にお持ちいたします。
お好みで辛子ソースもお使いください。

お知らせ

 店舗からのお知らせ

\お店の味をお持ち帰り♪/

お弁当も◎カツ単品も◎テイクアウトできるんです!

16時以降限定で、お得になるテイクアウトメニューセットも新登場しました♪

ぜひお試しください★

奏す庵Anniversary感謝祭

5/12 – メンチミックス丼 スタート!

5/19- 越前おろしそばのセット スタートです!!

\新しい福井のお酒◎入りました/

カツやお料理に合う、美味しい福井のお酒が増えました♪

・白龍 純米吟醸 ・越前岬 シュタルクカイザー

・越の鷹 純米吟醸 ・福井の梵(BORN) ゆずリキュール

・福井の梵(BORN) 粕取り焼酎 ぜひお試しください◎

 メディア掲載情報